サービス内容

住宅から商業用不動産までフォロー

 

取り扱うプロパティと致しましては、
中古マンションの仲介売買だけでなく新築マンションの購入、そして
購入後のアフターサービスも含めて対応することで高い信頼を得ております。

たとえば、購入した分譲マンションを賃貸運用する場合の管理を当社が請け負うことも可能です。

当社のスタッフが中国語と台湾語の両方でサポートしますので、
日本に滞在していなくても安心して日本の不動産で資産運用することができます。

実需購入であっても同様で、
余暇など日本滞在時に使うセカンドハウスを日本不在時に心配する必要もございません。
もちろん個人様だけでなく、大型投資をする法人様にも対応致します。

オフィスビルや飲食店といった商業用不動産の仲介、
投資顧問業務および資産管理のお手伝いと助言にもご期待ください。

 

売買仲介業務

 

 

賃貸管理・賃貸仲介

 

 

管理部 PM業務フロー(賃貸収益目的の場合)

 

 

 

 

世界中の投資家を結び付ける

 

当社は台湾と日本を拠点とし、両国において宅建免許を保有して物件仲介するだけでなく、
アセットソリューションを提供する資産管理会社の側面も持ち合わせています。

もちろん、当社の舞台は日台に限らず、中国本土や香港の華人圏に加え、
遠くは米国に至るまで、多くの投資家様に対日サービスを提供させていただいております。

日本の不動産投資と資産管理にとどまらず、
台湾や中国本土への投資を検討する日本の事業者向けのサービスも提供します。

本葉国際は、アジア地域だけでなく、グローバルな視野を持って
世界中の不動産投資家を結びつけることを目標に設立した会社です。

 

 

本葉の4つの強み

 

1. ネットワークと実績で提案

 

台湾と東京に拠点を持っており、両国での不動産運用ノウハウも蓄積しています。 不動産投資に関するリスクをヘッジする提案をいつでも迅速に提供できます。

 

2. ワンストップサービス

 

物件探しでは市場分析をした上で物件を案内し、契約、引き渡し、その後の資産管 理までトータルでサポートできる体制を整えています。

 

3. 中華圏と日本の不動産取引事情に精通

 

中華圏には、日本の不動産流通機構(レインズ)に相当する機関がありません。 レインズでは、土地や物件など不動産情報の登録と提供により不動産取引の透明性を高め、適正且つ迅速な取引の実現を図る事が目的ですが、中華圏の取引は、依然として閉鎖的と言われ、顧客に物件を紹介する際の情報を得にくいのが実情です。 一方、日本の情報は中華圏に比べて整理されているものの、売り手と買い手の両方から手数料を稼ぐために不動産事業者による情報操作、おとり広告といった方法で顧客を集めるといった問題点を抱えています。

 

4. 問題点を洗い出し対応する能力

 

当社は消費者の利益を最大限に追求するため、上記のような市場の問題点を分析して対応します。中華圏の問題点に対し、これまでに築いたネットワークを駆使しながら物件情報の収集に努めて優良物件を確保します。加えて、中華圏の不動産業界で初の試みとなる合理的で公平性のある利益分売性度を導入して納得のいく取引を実現します。日本では、国土交通省が推進する中古住宅流通市場の活性化に向けた動きや、業界団体の取り組みに着目しながら、消費者に分かりやすい取引を心がけます。

 

初めて日本を訪れるお客様もご安心下さい。 日本の不動産を最初からお教え致します。

内見から契約、購入後の資産運用のアドバイスまで、あらゆる過程において通訳が同伴し、 不動産投資による経験の有無を問わず、言語の壁を感じる事無く取引できる環境を完備。

お客様に合わせたスケジュールを制作、スムーズな物件案内を実施、 購入条件についても、専属の投資顧問をご用意する等、個々に適した投資計画も作成しております。

「新築がほしい」「気に入った中古があった」「投資用に購入したい」「自身の居住空間として住みたい」等 様々なニーズに柔軟に対応致します。

2020年東京オリンピックを控える今、湾岸エリアを中心に変貌する東京の街並みを見込んで 投資マネーの流入は始まっていて、東京23区の地価やマンション価格も上昇中です。

当社では、日本の資産デフレ脱却に向けた動きを不動産ビジネスの好機到来と考えています。